母性が溢れ出ている今をパシャリ|マタニティフォトのススメ

当日との違いを楽しむ

着物の女性

大人となったことを祝う成人式は、人生の中でも大きな節目です。男性の場合は袴、女性の場合は振袖を着るよい機会であるとも言えるでしょう。特に男性は式典にはスーツで参加する方が比較的多いのですが、せっかくの機会ですので写真撮影だけは袴で行なうというのもおすすめです。女性も、着物で長時間過ごすのがどうしても苦痛に感じるという場合には、撮影のみ振袖を着用して当日はスーツというようにわけてもよいでしょう。また、写真撮影と成人式当日で違う着物を着用する方も中にはいます。期待振袖の色が2色あって決められないというときなどは、このように両方着てしまうのもよいです。振袖だけでなく、髪型を変えることによって雰囲気を変えることも可能です。お化粧や髪飾りが変わるだけでも違う雰囲気を楽しむことができるので、せっかくの振袖を十分に楽しみたいという方は、色々な工夫をしてみるとよいでしょう。さらに最近では、スタジオでの撮影もシンプルな無地の背景での撮影だけでなく、おしゃれなインテリアに囲まれての撮影も可能になっています。無地の背景は袴や振袖を際立たせてくれますが、より自然な雰囲気で成人式の写真を撮影したい場合には、インテリアなどに囲まれたスタジオでの撮影がおすすめです。また、家族との集合写真もよい記念となりますので、1枚は撮影しておくとよいです。成人式の写真は大切な思い出の写真となりますので、自分が納得のいくものとなるように、とことんこだわるとよいでしょう。